本文へスキップ

社会保険労務士まるごとガイドは、社会保険労務士を目指す人のためのサイトです。

社会保険労務士まるごとガイド/受験の手続き

社会保険労務士の資格取得と仕事のすべて

社会保険労務士まるごとガイドでは、社労士の資格取得から仕事に関する情報を掲載しています。  

社労士の資格取得を目指すなら司法・労務の資格ナビ

スポンサードリンク


社会保険労務士試験の受験の手続き


●受験案内等の請求の方法
◎受験案内及び受験申込書などの必要書類(以下、「受験案内等」という)は、平成23年4月中旬に「第43回社会保険労務士試験の実施について」の厚生労働大臣の官報公示(以下、「官報公示」という)が行われてから、配布(発送)を開始します。

◎電話・FAXによる請求はできません。
(FAXで請求されたものについては、都度回答をいたしません)

◎受験案内等の発送は、4月中旬以降です(官報公示後)。

◎下記のT.郵送若しくは、U.来所のいずれかの方法により入手してください。


T.郵送を希望する場合〔入手の手順〕
1.準備するもの
封筒:角形2号(A4判が折らずに入る大きさ:縦332o×横240o)を1通、長形3号(縦235o×横
120o)を1通、切手:80円分・140円分を用意します。

2.返信用封筒
角形2号を返信用とし、140円分の切手を貼付して、受験案内請求者(以下、「請求者」という)の
@郵便番号、A住所、B氏名を記入する(確実に送達できるように、マンション・アパート名、部屋番
号など詳細に正しく記入してください)。

3.往信用封筒
長形3号を往信用とし、80円分の切手を貼付して、試験センターの宛名、請求者(差出人)の@郵便
番号、A住所、B氏名を記入する。
なお、必ず往信用封筒の表面に「受験案内 請求」と赤い文字で記入してください。
(書類送付状や受験案内請求の文書等を同封する必要はありません。)

4.封筒の送付
2の返信用封筒を折りたたみ、3の往信用封筒に入れて送付(投函)する。


〔郵送を希望する場合の注意事項〕
1.請求先は、次の1カ所のみです。
〒103−8347
東京都中央区日本橋本石町3−2−12 社会保険労務士会館5階
全国社会保険労務士会連合会 試験センター

2.送付する受験案内等一式は、お一人さま1セットです。

3.往信用封筒到着日の翌営業日に発送いたします(官報公示以前に到着したものについては、官報公示の
翌営業日)。
4.受験申込締切日(平成23年5月31日)間際に到着したものについても送付しますが、受験申込みが間に合わない場合の責任は負いませんので、あらかじめご承知ください。

5.「受験案内等」は無料ですが、入手にかかる郵便料金(速達希望の場合の速達料金)は、請求者の自己負担です。

6.速達郵便を希望する場合は、郵便料金(80円・140円切手)に加え、速達料金270円分(往復の場合は、それぞれ1枚)の切手を貼付し、封筒表面に「速達」と朱書きしてください(速達料金の切手を貼付しても、「速達」の朱書きをしないと、速達扱いとなりません)。

7.「書留」扱いの取扱いはいたしません。

8.次の(1)〜(6)の場合は、受験案内等を送達できない場合がありますので、ご注意ください。
(1) 往信用封筒の表面に「受験案内 請求」と朱書きされていないもの
(2) 返信用封筒がないもの
(3) 所定料金の切手を貼付していないもの(料金不足を含む)
(4) 返信用封筒に請求者の宛名が記載されていないもの、また、請求者の誤記入により宛名が正しくな
い・判読しにくいもの
(5) 返信用封筒の大きさが角形2号より小さいもの
(6) 郵便事情により配達に時間がかかる場合があります。また、誤配などにより配達されない場合がない
とは限りませんので、日程に余裕を持って請求してください。